LEE KOOHA SOLO EXHIBITION in JAPAN(FUKUOKA)


LEE KOOHA SOLO EXHIBITION in JAPAN(FUKUOKA)

2022.10.6(thu)-10.12(wed)


日本(福岡)で初となるLEE KOOHA氏の個展

第19代韓国大統領をはじめとする著名なコレクターや博物館なども所蔵している。

彼の作品は線の美しさはもちろん空間構成やディテールまでも美しい。

是非、実物の質感を感じていただきたい。

美術画廊410Gallery 画廊主


美術画廊410Gallery

〒812-0026

福岡県福岡市博多区上川端町11-8

川端中央ビル 4階

13:00 - 19:00

入場無料 Admission free

LEE KOOHA

Profile

時の流れと走る軌跡 -リー・クハ- - 緑青 - 写真で自分を表現できますか? 問題は、外側の自画像ではなく、内側の自画像を描くことができるかどうかです。 近年、さまざまな分野の人々の相互理解と融合が喫緊の課題とされています。 調和と会話が問題を解決する最良の方法であることは事実です。 しかし、最も重要なことは、私が誰であるかを確認することです。 国に対する私たちの立場を述べる前に、「私は今どこにいますか」。 この国での相互理解と統合のためには、私たちの内面とのコミュニケーションが必要です。 自分自身の静けさを取り戻した後、あなたは深く広い関係に入るからです。 このアーティストは、最も人道的な方法で自分の絵を形作ろうとしています。 これは、彼が知らなかった、または知りたかった「自分」の空白を埋める試みです。 「私」を見つける方法として「時間」という作業ツールを使用して描くことはどういう意味ですか? 彼の本性と絵画としての「自己」はどのように向き合うことができるのか。 「自分」を見つける方法として、彼は「水カクト」という名前で答えを見つけようとします。 それは彼の芸術の世界で鮮やかに明らかにされました。 自身の名前からモチーフを探し始めたが、自身の画法と自身の世界観を接ぎ木することで「自己」にアプローチしようとしている。 彼にとって絵画は「自己発見」のプロセスであり、仕上げは顕在化です。 そのため、無邪気なブラシの「点」と「線」を子供のようにたどらなければなりません。 「点」と「線」でできた形がもう一つの「自分」だと彼が信じる理由は何ですか? これは、走ったり亀や画家などの軌跡だと思っているからです。 彼が生きた時間と彼が生きる時間。 だからアーティストは時間がなければ存在できないと思います。 彼が時の流れに耐え、走り続けてきたこの作品は、まさしく「自己」を超えたコミュニケーションの扉へのプロセスなのです。

이 구 하 LEE, KOO HA 1975. 03. 07 - http://popartist02.wixstie.com/kooha 電子メール: popartist@hanmail.net 電話 : +82 (0)10 3305 8226

結果 2001 江原大学美術大学卒業。 美術学科(B.F.A.) 2007年 江原大学大学院教育学研究科(Ed.M.)

アワード 2017ソウルカルチャートゥデイアワード

コレクタ 第 19 代大韓民国大統領 (대한민국 19대 대통령 문재인), Park Sook Museum, Chuncheon City Hall (Korea), Johns Hopkins Hospital (Baltimore USA), Kim Jung Hospital, Korean Professionals Association, Kim Jang Haeundae Hospital (釜山), 世界タイムズ(ソウル)、江原FC、Production DOMO、HANA Hospital、春川女性センター、Gallery Young(ソウル)、Gallery We(ソウル)、Zein-Xeno(ソウル)、Gallery A1(ソウル)など

個展32回(ソウル、LA、春川、光州、盆唐、楊口...) 約300のグループ展(ロンドン、ソウル、リール、マニラ、中国、日本…)